メタボリックシンドロームを運動で予防!

妖怪ポーズでメタボリックシンドロームを防げ きたろう体操初披露


鳥取県境港市で十八日、「健康づくりリーダー研修会」(同市主催)が開かれ、メタボリックシンドロームの予防を狙った「きたろう体操」が初披露された。鬼太郎音頭のリズムに乗り、妖怪のポーズと予防に効果がある動きを取り入れたユニークな体操。参加者は、脱メタボリックシンドロームな健康的な体づくりを目指し、楽しみながらチャレンジした。

同体操は、鬼太郎でまちおこしを進める市の特性を踏まえ、妖怪の特徴を生かした動きで腹周りのスリム化(脱メタボリックシンドローム)や筋力アップを図る。介護予防もにらみ、唇や舌を動かす掛け声も入っている。

この日、同市上道町の市保健相談センターであった研修会で、考案した理学療法士や言語聴覚士のチームが披露。市健康づくり推進員や鬼太郎音頭保存会メンバー、健康づくりに励む地区住民ら約八十人が参加した。

ぬりかべになったイメージで、姿勢よく両手を前に出してゆっくりと左右に動いたり、砂かけ婆が砂をまく動きに合わせて「パッ」と言ったり、ゲタを飛ばす鬼太郎のポーズで片足立ちをし、「トォッ」とける動作をしたり…。ユーモラスな動きに笑いが起こる和やかな雰囲気の中、参加者は心地よい汗をかいていた。

同保存会メンバーの小川容子さん(58)=同市明治町=は「なじみの曲で体操できて楽しい。音頭の練習前にこの体操をしたい」と話していた。

この日の反応を踏まえて改善を加え、来月中に完成する。市健康対策課は「市民の自主的な健康づくりに役立ててもらいたい」としている。




一体どんな体操なんでしょ。メタボリックシンドローム予防は、食事と運動ですな。
posted by メタボリックオヤジ at 14:55 | メタボリックシンドローム>>食事でメタボリック予防!