メタボリックシンドロームオヤジ率13%

河北新報社によるとメタボリックシンドロームオヤジ率は13%らしい。





メタボ、男性13%女性5% 昨年度宮城県調査



 宮城県内の男性の13%、女性の5%がメタボリック症候群の該当者であることが、県の2006年度県民健康・栄養調査で分かった。一歩手前の予備軍を合わせると男性は31%、女性は8%に上る。県内のメタボリック症候群の実態が明らかになったのは初めて。同症候群は脳卒中や糖尿病などの生活習慣病を引き起こす恐れがあるため、県は運動不足や不規則な食事に注意を呼び掛けている。

 男性は該当者13.5%、予備軍17.9%。年齢別にみると、該当者と予備軍の合計が40代では22.8%であるのに対し、50代は45.0%に跳ね上がり、60代が50.0%と最も多い。
 女性は該当者5.5%、予備軍2.3%。40代以下は該当者と予備軍がゼロ。両者の合計が50代は6.3%、60代15.4%、70代以上24.4%だった。

 摂取している総エネルギーを栄養素別にみると、脂肪エネルギーが占める割合は、男女平均25.1%。望ましいとされる20―25%をわずかに上回る。運動習慣のある人は、25.9%だった。

 04年の全国調査では、メタボリック症候群該当者は男性23.0%、女性8.9%。今回の県調査の結果はこれより低かった。

 メタボリック症候群対策は、医療費削減を進める国の医療制度改革の柱となっている。県健康対策課は「健康診断の受診率を高め、保健指導を積極的に受けることを啓発していきたい」と話している。

 調査は06年10―12月に実施。無作為に抽出した1歳以上の男女2956人を対象に身長・体重、食事、運動、血液などを調べた。

[メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)]腹囲が男性85センチ、女性90センチ以上の人で(1)高脂血症(2)高血圧(3)高血糖―の二つ以上当てはまる場合は該当者、一つなら予備軍。内臓に蓄積した脂肪が一因で、放置すると脳卒中、心筋梗塞(こうそく)、糖尿病などに進行する危険性が高まる。


むろん宮城県でも東京でも事情はほとんど変わらないだろう。

ちなみに…今夜飲むメンバーは…。メタボリックシンドロームオヤジ率100%です。
posted by メタボリックオヤジ at 17:24 | メタボリックシンドローム>>食事でメタボリック予防!